柔整学科
3年制
学科定員 /
男女30名

カリキュラム

実践的な授業・実習を中心に、接骨院やクリニック、
スポーツ分野で通用する現場力を身につけます。

国家試験問題をいち早くチェック

毎年3月に行われる国家試験の問題を、正解・解説とともにCD-ROMにおさめ学生全員に配布。 合格を目指す学生にとって最高の参考書となります。

模擬試験

年5回、国家試験形式の模擬試験(実力判定試験)を実施します。 繰り返しトライすることで、科目別の実力を把握しながら段階的に学力を向上させ、余裕を持って国家試験に臨みます。

3年課程カリキュラム

1年次基礎力を身につける

基礎的な医学知識や、柔道整復理論に基づいた専門基礎知識を学習。実技では、整復法全般に基礎技術の修得を目指します。

基礎科目 人間学、英語、生物学、臨床心理学、保健体育
専門基礎科目 解剖学Ⅰ、生理学Ⅰ
専門科目 柔道整復基礎理論、包帯固定学、柔道整復実技Ⅰ

2年次専門知識、技術力を身につける

疾病に対する対処法などを実践的に学習。整復・固定など、実際の治療につながる技法の適用・応用を修得します。

基礎科目 情報学、栄養学
専門基礎科目 病理学概論、一般臨床医学、外科学概論、リハビリテーション医学、衛生学・公衆衛生学、柔道Ⅰ、医学史
専門科目 臨床柔道整復学Ⅰ、柔道整復実技Ⅱ

3年次臨床実習で実践力を養う

卒業後を見据え、実践的な授業・実習を中心に行います。国家資格取得のための準備を進めていきます。

専門基礎科目 解剖学Ⅱ、生理学Ⅱ、運動学、整形外科学、柔道Ⅱ、関係法規
専門科目 柔道整復学演習、臨床柔道整復学Ⅱ、臨床柔道整復学演習、柔道整復実技Ⅲ、柔道整復治療学、臨床実習

時間割 ※1年生前期のイメージです。

  1限目
(9:20~10:50)
2限目
(11:00~12:30)
3限目
(13:20~14:50)
4限目
(15:00~16:30)
月曜日 解剖学ⅠA 解剖学ⅠA 人間学  
火曜日 柔整基礎理論Ⅱ 保健体育 英語  
水曜日 生理学Ⅰ 柔整基礎理論Ⅰ 柔整実技Ⅰ  
木曜日 解剖学ⅠB 特別講義 特別講義  
金曜日 生理学Ⅰ 特別講義 包帯固定学  

柔道整復実習

実際に接骨院、病院等の臨床現場で遭遇する疾患を想定して、鑑別診断から整復固定法までを学生同士で納得のいくまで練習します。本校では、このような実際に臨床現場で要求される技術・技能の修得にとくに力を注いでいます。そのため、カリキュラムの中から多くの時間を実演・実習にあて、卒業までに臨床経験豊かな教員のもと、完全に修得できるように努めています。

臨床柔道整復演習

骨折、脱臼などの整復法や、患者さんのさまざまな症状に対する処置を実践的に学習します。講義で学んだ知識をもとに、実技指導で確かな技術を身につけます。

電気療法実習

痛みの軽減、関節可動域の改善あるいは柔軟性の獲得に電気療法は欠かせません。電気治療に用いる機器には多くの種類があり、目的にあわせて使い分けることが必要とされます。また、最近では電気刺激による筋力増強を目的とした治療法も行われています。実習では目的にあわせた通電周波数、持続時間、強度など適切な条件を学びます。

包帯固定学実習

柔道整復師の施術には整復、固定、後療法の3つの分野があります。その中でも患部に適切な固定を行い、治癒環境を整えることはとても重要です。また、スポーツ現場でテーピング固定をするための技術も必要です。包帯固定学では基本となる包帯法やテーピング、ギプス固定まで幅広く学んでいきます。授業を通じて固定のプロフェッショナルを目指します。

外傷評価検査

治療を行う前に、けがの程度を的確に把握することは非常に重要です。損傷度合いを的確に判断することによって、その後に行われるけがに対する治療方針が変わってきます。人体に非侵襲的なこれらの測定評価機器は、医療技術の進歩とともに精度も向上し、数多く開発されています。実習ではこれらの最新機器を積極的に導入しています。


  • 個別見学会のご案内
  • 進学ガイダンス
  • 教育訓練給付金制度

ページ上部へ戻る