介護福祉学科
2年制
学科定員 /
男女80名

学科の特長

教育訓練給付金が支給!※返還義務なし 最大96万円 詳しくはクリック

グループ施設での豊富な実習を通し、福祉のプロを育成します。

福祉の現場に即した多彩な授業や、IGLグループの福祉施設での実習体験を積み重ね、
介護福祉士(国家資格)や、社会福祉主事任用資格(選択制)など福祉の資格取得を目指します。
相手の気持ちに寄り添いながらコミュニケーションができ、豊かな人間性を備えた福祉の専門家を育成する学科です。

取得を目指す資格 介護福祉士 / 社会福祉主事任用資格(選択制)

IGLグループの福祉施設での豊富な実習体験

広島県内に約60施設と、豊富な福祉施設や関連施設を保有しているIGLグループが母体となっているため、関連施設での実習カリキュラムが充実しています。また、グループ施設でのアルバイトや、卒業後は就職先の選択肢にもなり、在学中から卒業後までグループ全体でのバックアップ体制が整っています。

社会福祉主事任用資格も取得可能!

本学科では、介護福祉士(国家試験受験資格)に加え、社会福祉主事任用資格(選択制)も取得することができます。社会福祉主事とは、行政機関で保護や援助を必要とする人々の相談に応じたり、指導・援助を行う際に必要な資格です。現在、介護福祉士資格とともに、社会福祉主事任用資格を採用の条件にする施設が増加しています。

介護の基本を学べるオリジナルプログラム「里孫制度」

里孫制度とは、福祉施設で暮らす高齢者の「孫」として訪問し、自由に交流を行う本校独自のプログラムです。交流を通して、思いやりやコミュニケーション方法を自然に培う貴重な体験の場です。

里孫制度

IGLだからできる
オリジナルプログラム

施設で暮らすお年寄りの「孫」として訪問し、自由に交流をする本校独自の制度です。
交流を通して、思いやりやコミュニケーション方法を自然に培う貴重な体験の場です。

里孫制度の目的

1
あいさつやマナーを学び、授業で習ったことを実践することで学習を深めること。
2
ふれあいを通して利用者様に喜んでいただくこと。
3
「孫」として話をすることで介護の基本であるコミュニケーション能力を高めること。

介護福祉科
中川 奈津美さん

ご利用者の優しい言葉が励みに

介護の実践的な内容はもちろん、人が誕生し、老いていく過程で心と体に起こる変化を知ることができました。利用者さんとのふれあいを通じて、相手の話を聴き、その人に何が一番良いのかを考えて行動できるようになりました。

介護福祉科
河内 洋樹さん

介護の仕事って、温かい

ご利用者と実際にふれあうことで、押しつけの介助にならないように接することの難しさと大切さを学びました。忙しさや緊張でつい笑顔を忘れがちですが、今ではだいぶ自然に笑顔でいられるようになったと思います。

まさに現場そのものの教室で、実践力を身につけます!

福祉の現場そのものの介護実習室をはじめ、さまざまな知識を得ることができる図書室や、今や介護・福祉の現場でも必須のパソコンスキルを学べるコンピューター室など、充実した学習環境を整えています。

※入学金免除制度や特待生制度・専願エントリー制度、奨学金制度については「入試・学費」のページをご覧ください。

 
1年次
前期後期
2年次
前期後期
2年間合計
入学金 120,000円       120,000円
授業料 385,000円 385,000円 385,000円 385,000円 1,540,000円
合計 505,000円 385,000円 385,000円 385,000円 1,660,000円

(小さい画面の場合は表の部分をスライドして内容を表示できます)

※ 入学オリエンテーション時に教科書及び教材、実習服等の購入が必要です。
寄付金、学債のご負担はありません。


オープンキャンパス参加受付中!!

  • 個別見学会のご案内
  • 進学ガイダンス
  • 教育訓練給付金制度

ページ上部へ戻る